小さな布小物の作製日記です。 マスク、バネポーチ、季節の額など販売しています。                       のんびりゆっくり、ほっこりしてってくださいね(*^。^*)                      **無料レシピは 右サイド ・ 布小物のお店 ”小花さんち*” は、左上 **
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うさぎのくーちゃん、手術する
2010年10月26日 (火) | 編集 |
kir.gif


 ドラマ、ドリトル先生ではありませんが、
我が家にとっては、神様みたいな先生です。
先生のおかげでくーちゃん元気になりました。
本当にありがとうございました。

実は、夏を過ぎた頃から、後ろ脚にこぶが出来て
何度か、血を抜いてもらってたんです。

それが大きくなり、うさぎに詳しい先生を探し
今の先生にお世話になることにまりました。

様子を見てたんですが、固いしこりがあり、ピンポン玉より
大きくなったので、先生と相談し、手術に踏み切りました。

うさぎの場合、麻酔のリスクが犬、猫の10倍と言われてます。
それも心配だし、しこりが全部取りきれなくて
それが悪性の場合、足を切断した方がいいと言われ
さすがに涙が出てきまして、
うさぎって何も言わないから余計にに・・・
家族ですから・・・特に私にとっては
いつもそばにいてくれる存在ですしね。
何とかしてやりたい…
CIMG1513r.jpg ku-

一泊の入院・・・手術が終わって、先生から電話
うとうとしてますが、少し食べたし、大丈夫だと思いますって。
会いに来ますか?って、
すぐに息子1と行きました。
くーちゃん、すっかり細い足になって、でも動いてます。
ごそごそと・・・
いつものように頭をなでてやると、くーくーと鼻を鳴らして
ほっとした様子でした、外泊も初めてなんで
かなり不安だったと思います。
帰ってきて、1日・・・なんとか大丈夫そうな様子
抗生剤を飲みながら、ゆっくり回復していければいいと
思っています。
今4歳。人間だと40歳だそう。
まだもう少し、がんばって生きようね。

先生に感謝しても感謝しきれません 
本当にありがとうございました。
先生もうさぎを飼ってられるらしく、
ほんとうに動物が好きなんだな?と感じます。
いつまでも触って、いつまでも様子を感じとってくれて
動物の気持ちが分かるんじゃないかと思います。

こんないい先生、紹介させてくださいね。
髭の素敵な優しい先生です。
助手のお姉さんがまた可愛くて優しくて^^
紫原動物病院 の高橋先生です。 (クリックしてね)

只今デジカメレンタル中のため、く?ちゃんの画像またupします^^


   blogram投票ボタン
読んでもらってありがとうございます ^^;
ブログランキング参加してます。応援よろしくお願いします^^


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。