小さな布小物の作製日記です。 マスク、バネポーチ、季節の額など販売しています。                       のんびりゆっくり、ほっこりしてってくださいね(*^。^*)                      **無料レシピは 右サイド ・ 布小物のお店 ”小花さんち*” は、左上 **
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
変な夢~
2011年05月25日 (水) | 編集 |
 最近変な夢をよく見る。

超~~暇な人だけ、続きから読んでね。
暗い山道を自転車こいで、だんなと家路に急いでいる。
だんなは、猛スピードであっという間に見失った。
急いでいると、いつの間にバスに乗ってて、焦っていた。
渋滞してるみたい。
なぜだか、その土地の人が、説明してくれた。
左折する道に見えるのは、近所の保育園の園児たち。
今、お散歩中だから、バスが止まってると。
じゃあ、右に行ってよと私・・・
「すみませんね~今日は、ちょうど、地元のお祭りで
今は、無理ですって。」
急いでるんだけどな~~~あ、自転車はどうした?

あきらめていたら、いつの間にかバスが動き出していて、
どこでもいいから、降りたかった私、今度は、荷物。
荷物が4つぐらいあるのだ。多すぎ~
学生かばんに、補助バッグみたいなのが2つ。
おっと、この書類は絶対忘れてはいけない・・・
ようやっと降りた・・・
当然、見知らぬ土地・・・とにかく歩こう。
いや、暗くて怖いから、あのにぎやかな通りまで
走っていこう…荷物が重い~~
それに、足が・・・重い・・・一歩が重すぎる・・・

だよね、寝てるんだもん・・・目が覚めた。


みたいな・・・リアルに覚えてる夢、観た・・・疲れた。

別の夢・・・

家の前の道をまっすぐ行くと、いつもと違う道が出来てて
ずんずん行くと、家の前に、山のように積み上げられた木工製品。
どうやら、お店のようだけど…リサイクルの店?
おお~いいのないかな~小さな入れ物、棚、椅子わくわくだ~
値段の表示がないな~・・・
おお~あっちには、服も、あるぞ~
ほしいものあったんだよね~これいいな~
と、目の前におばさんが立ってる。
さっき会った、おばさんだ。
「女はね、こういう、刺しゅうのちょっと入ったの
レースが効いてるが、好きなのよね~ヒントにしなさい」って
?? 作品作りのヒントってこと?

私、あなたのこと見たわよ、この町でフリーマしてるでしょ。
「あ、はい・・・」
と、そのおばさんのお友達がやってきて、
「よかったね、話せて。この人、あんたのこと、好きみたいよ・・・」

「男なんだけどね、坊主なの、なんとか寺院って知ってる?
「ええ、有名ですよね。」
「そう、そこの。」
でもどう見てもちょっと飲み屋のママさん風。
よろしくね、って握手を求められたので、手を出した。
ひんやり冷たい手だった・・・
私のファンの方って意味じゃない様子。
おかまさんに好かれた? ん?女として?男として?
坊主?髪長いよね、化粧濃いし。好きってどういう意味だろう。
訳わかんないよね~何だろ、この展開~~~

取りあえず、二人で外を歩いた。
いろんな話をして・・・ん~この町の珈琲さんを知ってるらしい。
どうしても、共通の知り合いを聞きだしたがってる、私。
この人が、どういう人か、知りたいのだろうか…私。
日差しがとても暑かった・・・
舗装されてない道をあるき続けた。

よく、夢を分析する人がいるが、こんな夢に
何の意味があるんだろうか・・・
起きたらとても疲れている。
ストレス? 


かもね…(-ω-`)
 

もう一つあったんだけど、どうも思い出せなくて残念。
こっちも奇妙な夢だったから・・・

読んでいただいて、ありがとうございました。
疲れたでしょう~?  m(__)m
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。